English

【ビジネス英語】会議でよく使う英語の文例|そのまま使える!英語の質問フレーズ集

英語の会議となると、なかなか言葉が出てこない… そんな経験はありませんか?今回は、どんな会議でも使える英語の質問フレーズを紹介していきたいと思います。

 

英語会議で使える英語の文例

Excuse me, but may I jump in here?

すみません、ちょっと一言いいですか?という表現です。もう少し丁寧に言いたい時は、Excuse me, but could I say something here?(すみません、ここで一言よろしいでしょうか?というフレーズが使えます。

 

I don't mean to be rude, but I'd like to ask a question.

失礼なことをいうつもりではないのですが、質問させていただきたいです。とフレーズです。I don't mean to be rude, but ~ の表現は、相手がもしかしたら嫌な思いをするかもしれないことを言わなければならない時に前置きとして使えるので、ぜひ覚えてください!

 

Sorry, I didn't catch that. Could you repeat that please?

すみません、聞き取れませんでした。もう一度言っていただけませんか?という表現です。オンライン会議などで、相手の発言が1回で聞き取れなかった時は、わかったふりをせずに、このフレーズを使ってみましょう。

 

Could you run that by me one more time?

もう一度、言っていただけませんか?です。run ~ by 人で人に〜を相談する、もしくは、人に〜を説明すると表現できるので、これを理解しておくと覚えやすいと思います。

 

Excuse me, could you elaborate on that?

すみません、それについてもう少し話していただけますか?という表現です。Could you tell me more details? も同じ意味のフレーズです。こちらに馴染みがある方が多いのではないでしょうか?しかしながら、この表現よりも前者のCould you elaborate on ~ ? の方が自然な表現です。

 

 

まとめ

みなさん、いかがでしたか?意外と、SorryやExcuse meから話し始めることは、英語を話す場面でも重要です。ぜひ、本日紹介したフレーズを使って会議でもどんどん発言してみてください!

-English

© 2021 Maru Guide