Lifestyle

私が愛犬の去勢手術を決断した理由|費用は?術後のペットの様子は?

dog picture

「去勢手術した方がいいと聞くけど、本当に必要なの?」
「本当にペットのためになるの?」

今回は、
大切な愛犬、猫ちゃんの去勢手術を
検討されている方に向けての記事です。

私が愛犬の去勢手術を決断した理由|費用は?術後のペットの様子は?

私が愛犬の去勢を決断した理由

woman thinking

  • ストレス軽減
  • 病気の予防

こちらの2点です。
もう少し具体的に説明していきます。

 

ストレス軽減

私は、室内で愛犬を飼っています。

散歩には行きますが、外飼いに比べると活動量が制限されています。

そのストレスからか、たまに自分の手足を噛んでいることがありました。

いろいろ調べたり、聞いたりしたところ、
去勢手術をしたほうが、
そのようなストレスを軽減でき
室内でもストレスをため込まずに過ごせるとわかりました。

 

病気の予防

愛犬はオスです。

もし去勢をしないと将来、

「前立腺肥大」
「精巣腫瘍」

の2つの病気になる可能性が高いと担当の獣医さんに言われました。

自分でも、こちらの病気についてネットで検索しました。

すると、実際にこの病気になってから去勢手術を決断された方のブログを見つけました。

「愛犬がそうなってしまったら…」

と考えると、やはり前もって予防したいと思いました。

 

去勢手術のリスク

surgery picture

リスク

100%安全な手術ではない
今後子供が作れなくなる

100%安全な手術ではない

どんな手術でもそうですが、

全身麻酔が合わない
手術中予期せぬ行動をとる

などによって、治療がうまくいかない可能性もあります。

 

今後子供が作れなくなる

「愛するペットの遺伝子を残しておきたい!」

そう思うのは、飼い主として当然だと思います。

もちろん、生殖器をとってしまう手術なので
将来、愛犬が子供を作ることはできなくなります

 

【実体験】手術当日の流れ

clock picture

step
1
事前準備


-日程決め-
去勢手術の日程を決める前に事前診断に行きました。
そこで、手術の日程を決めます。

-当日-
朝の11時から予約をしていたのですが、
当日は朝食を抜きました
(獣医さんから指示があったため)

step
2
病院へお見送り


約束の時間に病院へ連れていきました。

うちの愛犬は、お外が大好きなので
楽しい場所に連れて行ってもらえると
思ってテンションが高かったです。

しかしながら、
今回は手術のため、飼い主としては複雑な気持ちでした。

その後、愛犬を見送ってから
お昼ご飯を食べて待っていたのですが、
決断したにもかかわらず、心配でした。

すると、
お医者さんから電話がかかってきて、

「無事手術が終わりました!麻酔でぐったりはしてますが元気そうです」

と報告をいただきました。

その一本の連絡で心が楽になりました。

step
3
お迎え


夕方の5時にお迎えに行きました。

愛犬と対面するまで、

「もしかしたら私のこと嫌いになっちゃったかな?」

と不安な気持ちでした。

しかしながら、愛犬は私を見ると、
しっぽを振りながらこっちに来てくれました。

 

手術後の愛犬の様子

dog picture

エリザベスカーラーが邪魔そう
元気がない

実は、この記事を書いているのは、手術後当日です。

今のところ、愛犬の様子を見ていると、
上記の2点がいつもと違うと感じました。

しばらくは、意識的に愛犬と一緒に
時間を過ごして、少しでも早く元気な姿に
戻ってもらうことを願っています。

 

実際にかかった費用

うちの愛犬はペット保険に入っていません。
当日支払った値段は下記の通りです。

手術前検査 10,000円
手術費用 30,000円
乳歯抜歯 10,000円
(乳歯が抜けきっていなかったため)


こちらに消費税が入り、合計55,000円でした。

 

最後に

two dogs running

ここまでお付き合いいただき、
ありがとうございました。

去勢手術を検討されている方にとって
少しでも、参考になれば嬉しいです。

-Lifestyle

© 2021 Maru Guide