English

【ビジネス英語】「かしこまりました」「了解です」って英語では何て言う?敬語として使える?

「かしこまりました」「了解です」

ビジネスシーンでは、毎日このような言葉を使いますよね。

しかしながら、いざ英語で言おうとすると、「この表現、目上の人に使っていいのかな…」と不安になるものです。

そこで今回は、使う相手別に表現をお伝えします。

「かしこまりました」「了解です」ビジネス英語でどういうの?

同僚編

Will do. - わかった

"I wil do" の省略で "Will do" です。

こちらは、「わかった、やっとくね!」のようなニュアンスです。

 

Sounds good. - いいね

「あーそれいいね、了解!」

相手に同感しつつ、承知しているのがカジュアルに伝わる表現です。

 

All right. - 了解

「わかった、了解」

シンプルな表現ですが、言い方に注意が必要です。
少しテンション低めで話してしまうと、少し嫌がっているようにも聞こえてしまいます。

"All right" と似たシチュエーションで使う "OK" も同様のため、言い方には気をつけましょう。

 

Roger. - 了解

皆さんご存知の「ラジャー」です。

日本語と同じです。英語で書くとなぜか馴染みがないように見えませんか?

私も初め見た時、頭に「?」が浮かびました。

 

I got it. - わかりました

ドラマなんかでよく聞く表現かと思います。「わかった!」くらいのニュアンスです。

親しい同僚には、"Got it" と "I" を省略しても大丈夫です。

注意ポイント

シチュエーションによっては、"You got it"の方がいい場合もあります。
例えば、"Can I have a look at your document?" (あなたの書類を少し見せてもらってもいい?)
というように、何かあなたが依頼をされた側で、その依頼を受け入れた時などです。

 

No problem. - 問題ないです(わかりました)

「問題ないよ、やっとくよ!」

そんなイメージです。意外とこの表現は、よく使われている気がします。

 

Noted. - 了解

個人的には、この表現よく使います。

「メモしたよ!=了解」で覚えると簡単です。

 

上司編

Sure. - もちろんです

短いですが、先輩や上司に使えるフォーマルな表現です。

"Sure thing" というのも聞いたことある表現かと思いますが、意味は同じです。

 

Certainly. - その通りですね

「そのとおりですね、了解しました」

相手に同感しながら、承知しましたと伝えたい時に使えます。

 

Absolutely. - かしこまりました

「もちろんです!かしこまりました」

勢いのある了解した気持ちのときに使えます。
"Difinitely" も同じくらいの温度感で使用可能です。

 

Copy that. - 理解しました

「最初から最後まで間違いなく聞き取れました!理解しました!」

こちらもドラマでよく出てきますよね。

 

まとめ

使えそうな表現は見つかりましたか?

シチュエーションや使う相手に合わせて、いろいろな表現を練習してみましょう!

-English

© 2021 Maru Guide