English

すぐ使える!英語で会議のアポどりをする時に役立つフレーズ5選|ビジネス英語

在宅勤務が始まって、リモート会議で会議をすることも増えたのではないでしょうか?

そもそも会議をするとなるとアポイントが必須ですよね。

また、取引先の方が海外の方であれば、自ら英語でアポイントをとる必要があり難易度があがります。

しかし、これからは恐れる必要はありません。
今回ご紹介するフレーズさえ覚えておけば十分アポイントが取れるようになります!

すぐ使える!英語で会議のアポどりをする時に役立つフレーズ5選|ビジネス英語

アポどりの英語フレーズ集

1 Let's hold a meeting. - 会議をしましょう。

カジュアルな言い回しです。

気軽に話をしている中で、これは会議で話をまとめた方がいいと思った時に使えます。

「ねぇ、少し会議しようよ!」

と言う感覚で使ってみてください。

2 I would like to arrange a meeting with you. - 会議を開きたいです。

少し丁寧な表現です。

メールなどで利用する時は上記のまま書いていただくのが良いですが、
電話の場合は"I'd like to arrange a meeting with you."と省略系を使いましょう。

3 Does Monday work for you? - 月曜日はご都合いかがですか?

曜日を限定して予定を尋ねる表現です。

"Monday"の部分を好きな曜日に変更して応用がききます。
直近の予定を組む時に便利ですが、相手のがどこの国にいるのかによって曜日もずれてしまうので、時差も配慮して使いましょう。

4 Is it possible to schedule a meeting with you on Monday? - 月曜日に会議を予定することは可能でしょうか?

1つ前の曜日を指定して予定を尋ねる方法の丁寧な表現です。

あまり親しくない方にはこちらの表現の方が無難です。

5 Is 6 pm doable? - 6時に会議をすることはできますか?

時間を指定して予定を尋ねる表現です。

緊急案件で、その日のうちに会議がしたい時に使えます。
また、"doable"と似た表現に"possible"があります。

違いとしては"doable"の方が「もちろん、できます!」のようなニュアンス、"possible"が「うーん、できると思いますよ」のイメージです。


まとめ

思っていたよりも簡単な表現ではないでしょうか?

ぜひこれらのフレーズを利用して英語会議のアポをどんどん取ってみましょう!



-English

© 2021 Maru Guide